スカウトしてもらう方法

スカウトしてもらう方法

転職をするためには看護師の求人を探して気に入った条件のところがあった場合に自分で応募するというのが一般的な形ですが、転職支援サービスを利用することによって自分から看護師求人を探さないで転職活動を進めていくことが可能です。
その仕組みを実現するのが転職支援サービスに取り入れられているスカウト制度と呼ばれるもので、あらかじめフォーマットに必要な自分の情報を入力しておくことによって人を探している医療機関の担当者の目に触れた際に気に入ってもらえるとスカウトしてもらうというものです。

この方法だと自分が看護師の求人情報を探して応募するよりも仕事が決まりやすいというメリットがあり、場合によっては書類審査もなく簡単な面接だけで仕事が決まるようなこともあります。
そのため、既に離職が決まっている状態で日々の仕事が忙しく仕事を辞めるまで新しい仕事を探すのが難しいという場合でもスカウト制度を上手に利用することで在職中からの転職活動が可能になります。
ただし、スカウト制度を利用している求職者は非常に多いため、他の求職者に比べて経験やスキル、資格や実績などの面で何かプラスになる部分が無いと、登録してもスカウトが無いこともあります。

また、離職を考えている医療機関が同じ転職支援サービスを利用して、求職者を探しているということも想定されるため、必ず仕事を辞めるということを伝えた上で転職支援サービスを利用するようにしましょう。

関連記事

  1. 看護師求人の応募後の面接
  2. 看護師求人の応募に必要な書類
  3. ナースセンターをフル活用する
  4. まずはハローワークに登録
  5. 転職をする場合の心得