看護師求人の応募後の面接

看護師求人の応募後の面接

自分が希望する条件に沿った看護師求人に応募した後は履歴書や職務経歴書を先行的に提出して、第一次の審査に入るケースが多くなっていますが、これに通過すると次は面接という段階に進みます。
ちなみに個人規模のクリニックなどになると募集数がそこまで多くないため、書類審査と面接を分けずに両方を同時に行うこともあります。
その場合は看護師求人の募集に応募してから短い期間の間に面接が必要になるので、備える場合は早めに対応する必要があります。

看護師としてのスキルや経験などについては履歴書や職務経歴書などから面接官側も分かっているため、面接で見るポイントとして大きくなるのは人柄やコミュニケーション能力などになります。
特に医療機関で働く場合は病気や怪我で落ち込んでいる人に対しての看護が主な業務になるため、患者の不安を取り除くことができる人柄というのも重要視される部分です。
そのため、どれだけ看護師としての知識やスキルに優れていてもコミュニケーション能力に乏しい場合は仕事が決まらないケースもあります。

看護師求人に応募して面接を受ける場合は過度な緊張を伴うことも多くありますが、これは面接を受ける人の多くに共通する部分です。
そのため、自分だけ緊張しているとは思わず、多少の緊張は面接官も分かっているので、問われたことに対して正々堂々と答えられるように心がけましょう。
不安がある場合はハローワークやナースセンターの面接練習などを利用すると本番時の緊張は軽減されます。

関連記事

  1. 看護師求人の応募に必要な書類
  2. スカウトしてもらう方法
  3. ナースセンターをフル活用する
  4. まずはハローワークに登録
  5. 転職をする場合の心得