まずはハローワークに登録

まずはハローワークに登録

転職をするために働いたところを辞めた場合にハローワークで失業届けを出す必要がありますが、これをしてないと失業保険の給付が受けられないだけでなく、ハローワークが行なっている様々なサービスを受けることができません。
看護師求人そのものを探すだけならわざわざハローワークに通うのではなく、ナースセンターや転職支援サイトなどを活用するだけでも十分ですが、雇用保険に加入していた場合や仕事をすぐに探したい場合は登録しておきましょう。
ちなみに失業保険というのは前職の月給の半額程度のお金が3カ月ほど支給されるという仕組みですが、自己都合で辞めた場合は失業届けを提出して3カ月の時間を空けて支給されるようになるため、実際にお金が手元に入るまでには時間がかかります。

一方で、雇う側の都合によって強制的に仕事を辞めなければいけなくなった場合は離職してから直ちに給付を受けることが可能なので、その場合はすぐにハローワークに足を運んで必要な手続きを受けるようにしましょう。
ハローワークで看護師求人を探す場合は足を運んで専用の機械を使って仕事を検索するというのが一般的な方法となります。
しかし、次の仕事が決まるまでつなぎでアルバイトをしていて時間が無いという場合は自宅にいながらでもインターネットを使うことでハローワークの掲載されている情報を閲覧することが可能です。
また、ハローワークでは転職に向けた様々なセミナーを行っているため、時間が許すのであれば利用してみるのもよいでしょう。

関連記事

  1. 看護師求人の応募後の面接
  2. 看護師求人の応募に必要な書類
  3. スカウトしてもらう方法
  4. ナースセンターをフル活用する
  5. 転職をする場合の心得