気持ちの看護をするケアストレスカウンセラー

気持ちの看護をするケアストレスカウンセラー

現代社会において全くストレスを感じることなく日々を生活している人はほとんどいないと思いますが、ストレスは目には見えないものの、体に対して様々な負担を与えて病気を引き起こすこともあります。
ストレスの原因で多いのは人との付き合いによるストレスで、中年から高齢者、若者まで様々な年代で複雑化する現代社会におけるストレス地獄に翻弄された日々を送っている人がいます。

看護師として働く場合に医療機関で働く場合は病気や怪我で苦しんでいる人を目の当たりにすることになりますが、病気や怪我をしていることそのものが患者の大きなストレスになってしまっていることもあります。
そのため、看護師求人を探して医療機関へ就職や転職を考えている場合は患者の病気や怪我の治療をサポートするだけでなく気持ちの面からも看護が必要となりますが、気持ちのケアに重きを置きたい場合はケアストレスカウンセラーの資格を取得するのをおすすめします。

この資格はより専門的な目線を持ってストレスで悩みを抱えている人の相談に乗ることができるようになっていますが、この資格を取得しているからと言って看護師求人が多く見つかるというわけではありません。
あくまで、ケアストレスカウンセラーの資格を取得していることによって看護師求人に応募した際のプラス得点になるに留まる場合がほとんどなので、その点に注意をしてケアストレスカウンセラーの資格取得を検討するようにしましょう。

関連記事

  1. 介護分野に裾を広げる場合
  2. 急を要する際に重宝されるトリアージナース