介護分野に裾を広げる場合

介護分野に裾を広げる場合

最近は病院だけでなくグループホームや老人ホーム、デイケアなど高齢者施設からの看護師求人も増えており、病院とはまた違った形態で仕事ができるという理由や場所によっては高待遇で働くことができるなどの理由から転職をするケースも増えています。
その際に看護師の資格を取得して5年以上の実績がある場合はケアマネージャーの試験を受けるための受験資格を付与してもらうことができます。

ケアマネージャーの試験に挑戦するのもステップアップのために有効な方法と言えますが、介護職に関連した資格の中でも最上位に位置する資格だけあって、資格取得した後の給料や待遇は高いものが期待されます。
また、看護師求人とケアマネージャーの求人を比較した際に看護師求人よりも給料や待遇が良いケースも以前より増えていて、両方の資格を取得していることによって手当が余分に貰えるなどのメリットもあります。

勤務形態が安定しているというのもケアマネージャーの特徴で、看護師だと交代制の勤務で夜勤が必要な場合が多いことに加えて、仕事の内容的にも負担がかかりやすいという特徴がありますが、ケアマネージャーは勤務形態が安定していて負担も比較的少なくなっています。
ただし、ケアマネージャーは難易度が高い資格であることから試験に合格するためには集中して学習が必要となり、場合によっては年単位の勉強が必須になることもあるので、長期的なプランを立てて学習を進めていく必要性があります。

関連記事

  1. 気持ちの看護をするケアストレスカウンセラー
  2. 急を要する際に重宝されるトリアージナース